一九二三年一〇月八日

新山初代

IMG_2667


本郷区駒込蓬莱町一八

雑貨菓子商

一、父は七年前に死亡し母は妹二人と鼻緒爪革商をしております。

二二歳、母と妹二人

大正九年三月、東京府立第一高等女学校を卒業、後三カ月程、正則タイピスト学校に通う約二年程事務員、その間一年程正則英語学校、夜学に通学、昨年八月事務員を止めて、同年一一月駒込に一戸を構え独立して商売を始めた。母と別れて、一戸を構えた理由は私が肺が悪いため家族へ伝染を恐れたのと、私の気分として一人で居りたいというためとであります。


二、私は一六歳頃から死というものを考え始めました。死の問題から思想上の問題を考える様になりました。

女学校に居る頃は、国家社会のため有為の事をして死にたいという国家主義の考えを持っておりました。学校を出てから婦人問題政治問題に頭を入れましたが深入りせずに終わりました。ただ今では個人主義の思想を持って居ります。気分としては「ダダイズム」の気分で、また、また対象物なき叛逆の気分は学校に居る時分から只今まで自分につき纏っております。私は余り多く読書をして研究するということを致しませぬ。常に自己と云うものを中心として思索する方であります。








IMG_2669

三、私が正則英語学校に通学中、同級の金子文子と知りあいになりました。知り合いになってから三カ月くらいで金子は学校を退学しました。その後金子から新しい生活を始めたから来てくれと手紙が来たので、世田谷池尻の宅に二三度訪ねたことがあります。金子は朴烈と同棲しており、朴烈の直真面目に共鳴したのであって、恋愛関係から一緒になったのではないと申しておりました。

四、その後本年五月まで約一年程、金子と文通も行き来も致しませぬでしたが、本年五月一五日頃急に金子に会いたくなって訪ねて行きました。池尻から代々木に転宅しており、探し当てましたが不在のため面会せず、訪問したことを書き置いて参りました。すると金子からその後に遊びに来いと日をして参りましたので五月二〇日訪れて、その時初めても朴烈に面会致しました。そして思想上の話を交換致しました。朴烈は自分の立場は以前「アナキズム」であったが、今は寧ろ「ニヒリズム」であるという趣旨の話を致しました。私は自分が思想上行き詰まって死にたいということや、人間は将来に依り大きい幸福や希望を持っているけれども、それを感受する頭は一つ、即ち自己だけであるから、現在よりもより苦痛より幸福が来る訳がなく、結局同じ現在を繰り返すに過ぎないから死ねるものなら死にたいということや、他人が社会運動等に興味が持つ気分が知りたいという事等を話しました。私は尚、朴烈に理想の実現は考えて居らぬだろう、叛逆は苦痛に非ずして刹那の真面目な享楽であろうと聞きました処、それも肯定いたしました。私が現在を繰り返すよりは死にたいと言ったに対し、朴烈は、自分も左様、思うが死に就いては叛逆的な直接行動をとりたいともうしました。その日は左様な話をして帰りました。翌日朴烈が私方に来て種々の話の末、友達がたくさん朴烈方に集まるからその仲間に這入らぬかと勧めましたが、明答を与えませぬでした。翌日、朴烈が金子と一緒に私方に参りまして前日の仲間入りを勧誘しましたが、金子が会の性質も判らず勧めても駄目だから会合の時来て見た上、加入してもらえば良いと言葉を添えたので、それに従って会合に出て見様と承知しました。後で聞いたことですが、朴烈夫婦は私方から金重漢の所へ、この日行ったということです。



IMG_2670



五、五月二七日、その会合がありました。私も通知を受けて出席し、金重漢、崔圭宗
?、陸洪均等に初めて会いました。その外、野口品二も居りました。その時は朝鮮衡平社の後援をするということで祝電を打ったり、衡平社激励の文を有志で書くということを相談しました。

六、その翌、二八日朴烈が金重漢をつれて私方に参りました、一旦二人が帰ってからまた夜金重漢は一人で来ました。その時は衡平社の説明や仏教の話等をしました。

七、六月一日頃朴烈、野口、関口某、金重漢の四名が私方に訪れて来て、その翌日……英国婦人参政運動の講演会は我々国のない朝鮮人に取っては参政権の話は必要ないから講演会の妨害に行こうという相談をして、翌日朴、金の二人と講演会に出かけました。講演会で野口、陸洪均、崔圭宗に会いました。……この会の翌日金重漢は本郷の下宿から池袋の黒友会に引き移りました。

八、六月五日頃朴烈からかねて頼まれていた本を渡すべく黒友会に金重漢を訪ねました。丁度黒友会例会の日に当たって崔、洪、張祥重、鄭泰成、朴烈、金が集まっておりました。その会合で民衆運動の編集人になる……編集人を止める訳は朴烈が知っている筈だと申しました。その晩は朴烈と共に黒友会に一泊し、翌日二人で私方に帰って来ました。その途中大塚の電車終点に行く道で朴烈は私に対して何か遣って見る気はありませぬかといいましたから、何ですかと聞くと、前に話した様な事ですと朴烈は答えました。……来年までは自分として何も出来ぬという意味を述べました。来年の三月までには今の店を売って自由になる考えでしたからそれまでは何事も出来ぬと思っていたのです。

九、六月七日頃金重漢が夜分来訪……泊まって行きました。金重漢から性交を要求されました。私には中村という愛人のあることを告げて、現在では金重漢を愛する気分にはなれぬ、然し金重漢は嫌いでは無いからこのまま後は自然の成りゆきに任したいと言うて、性交を拒絶し、金重漢も納得しました。その翌々日金重漢が来訪してまた一泊してゆきました。六月一四日以前にも泊まって行きました………その頃金重漢は度々私の所に来ましたので、何頃何回来たか良く記憶が在りませぬ。尚考えて思い出します。

一〇、六月一四日、崔と二人で黒友会に参りました。金、朴烈夫妻、洪、張が居りまして、金重漢は私と二人で前もって相談した自擅者という雑誌の発行を一同に発表しました。

一一、不逞社で望月桂の「アナキスト革命運動」の講演会がありました。六月一〇日頃かと思いますが、判然しませぬ。

IMG_2671




一二、六月一七日頃不逞社で加藤一夫の「革命理想及革命時の組織」という講演がありました。誰かが主催したものですが判明しませぬ。


一三、六月二八日頃、中西伊之助の出獄歓迎会が不逞社でありました。………………

一四、七月一日から三日程金重漢は平岩が赤化防止団を襲撃した事で検挙された結果、共に警察で取調べを受け、私も金重漢が知っているという処からと思います、七月三日駒込署で取調べを受けました。………………七月八日確かに高尾平兵衛の社会葬の日だと思います社会葬に出て会葬して帰途朴烈夫婦と李秀一と一緒に不逞社に参りました。その時金子と私は茶屋奉公に何処かに出ようという話をしました。私は当時財政に困って居りましたから稼ぎに出る考えでした。その翌晩私は李秀一方に遊びに行きました。………………七月一三日私は碑文谷の金重漢の所に行って一泊しました。平岩の妻君も居りました。外にも男が二人居ました。七月一四日髪を結って金子と上野の鳥鍋の女中奉公に出かける事になって居たところ、知り合いの山口という茶屋からぜひ事務員に来て呉れと云われて、やめてしまいました。

一五、七月一五日不逞社の例会がありました。東亜日報の記者を殴るという相談をして居りました。そして直ぐ殴りに出かけましたから私も見物に付いて行きました

七月三一日、洪と二人で大杉栄のところに翌日の黒友会の研究会に来て講演をして呉と頼みましたが、都合が悪いというので六日私宅に来て講演をして貰うことに決めてきました。

一六、八月一日、黒友会の例会に行きました。当時黒友会の例会は一日、一五日でした。処が朴烈と栗原と私と三人しか出席しませんでした。………………

八月三日、朝鮮キリスト教青年会館で黒友会主催の演説会がありました。この会も中止を命ぜられ司会者、洪鎮裕は検束されました。八月六日、私宅に金、張、洪、朴興坤、永田等一〇人位集まりましたが、大杉が来ないので雑談し、洪、張、金の三名が残って黒友会解散の話をして八月一〇日にまた集まることに決めました。八月九日の晩、洪は張と喧嘩をしたと云うて、高麗舎を出て妻君を連れて私方に泊めてくれとて参りました。

一七、八月一〇日、黒友会に集まった者は金、洪、張、永田、朴興坤、鄭と私であります。

陳述人新山初代



IMG_2672

一九二三年一〇月一〇日

八月一一日不逞社に於て金重漢と朴烈とが口論した日、私、金重漢、洪鎮裕、張祥重、鄭泰成、 朴興坤等は朴烈方に泊まりました。翌朝私は午前五時頃、朴烈方を出て東中野迄参りました。金子が原宿駅迄送って来て呉れて、其途中で 金重漢と私とか共謀して朴烈を殺しに来たのではないかという意味のことを申しました。と云うのは 金重漢が短刀を取り出そうとした時、私が「まだ早い早い」と云って止めた其言葉から左様に思われると云うことでした。然し決して私と 金重漢とが計画して遣ったことではないことを話して置きました。

尚其時私は朴烈が金重漢を上海に使いに遣り、私に何か遣らせる朴烈の魂胆では無かったと聞きました。金子はこれに対して朴烈は左様な野心家ではないと云うこと、私が最初死にたいと云ったのが口先だけ如何かを試すため何かを遣って見ないかと私に話して気を引いてみたのであるということ、実際この春計画があったのは事実だが、この秋には実行できぬことになっている、遣れば来年の「メーデー」頃だと云うことを語りました。

 金子は計画と云っただけでそれ以上具体的の事は申しませぬでした。私も何に言訳を云って居るかと云う腹でしたから突込んで聞きませぬでした。東中野に行って午前九時頃亦朴烈方に立戻り、金重漢、洪鎮裕、朴興坤、張祥重と一緒に朴烈方を辞し、渋谷停車場に来て、其処から朴興坤、張祥重に別れ、あと三人で金重漢 の泊まって居る碑文谷の家に行き、其処から洗足の池に行き遊びました。

五人で渋谷停車場まで来る途中、吾々は朴烈の方とは絶縁したのだから、今後は度々高麗舎に集まって雑誌を出すなり、研究をするなり、何か仕事をせねばならぬ一同話し合いました。そして翌日高麗舎に集まることにしました。

翌八月一三日、高麗舎にでかけました。集まった者は私、金、鄭、朴興坤の四人で洪も張も集まらぬので雑談をして別れました。

八月一四日、洪は西巣鴨町池袋に転宅して私方より荷物を持って行きました。

八月一六日、金、鄭、と共に洪の所に行き、四人で雑誌を出す話をしました。………………

八月一八日、自由人社で大杉栄の仏国行の話がありましたので、朴興坤と聴きに行きました。八月一九日、芝公園労資協調会館で機械連合の総会がありましたので傍聴に行きました。



IMG_2674

八月二〇日、根津権現の貸席で大杉、望月桂、岩佐作太郎等、二,三〇名集まって無政府主義者の連合組織問題の相談会がありました。私は鄭と一緒にその会に行きました。金重漢、洪鎮裕が来て居りましたが朴烈夫婦は来て居りませぬでした。

八月二八日、洪方で同人と鄭、金、李若山の四名が雑誌『奪還者』の相談をすることになって居りました。………………洪から印刷の都合で雑誌は駄目になったということと、金重漢が愈々三〇日に帰鮮することを聞きました。

八月二九日、朝警視庁の内鮮係の太宰と云う人が来て、私の思想や交際の範囲を聞いて行きました。それから金の所に行きましたところ、途中で同人と洪鎮裕が荷物を持って来るのに行き会い、引き返して高麗舎へ行って集まりました。………………

金重漢は三〇日帰鮮の予定の処、一日延ばして、八月三一日の夜行で東京駅から出発致しました。その際、金は三カ月程したら上京する積もりだが、それ以上朝鮮に居る様になれば半年程して又来ると云って居りました。金重漢が帰鮮した理由に就いては本人の口からは何も聞いて居りませぬが、只七月一〇日頃、金が二度目に朝鮮に帰ると云った時、朝鮮と東京の連絡を取るためだと云うて居たのは本人から聞きましたが、今度帰ったときの理由は判りませぬ。鄭からは金が妻君を離別すれば送金せぬが、離別しなければ送金するとのことで煩悶して居る、その問題解決の為、帰るのであろうと云うことを金が帰った数日前聞いたことがあります。








IMG_2675


一〇月一四日

一、英国婦人参政運動、実際は五月三一日夕という事、黒友会に初めて行き六月五日が六月三日頃と思います。

金が初めて泊まったのは、六月六日頃

二、七月中の黒友会例会は

三、六月三日から六月二八日……の間は金重漢が七回くらい私方に宿泊、初めの頃は毎日のように、終わりは隔日くらいに顔を合わせて居りましたし、朴烈とも隔日のように面会する機会があり………………

四、朴烈から聞いた革命の話と云ふのは過日も述べた通り、

五、金重漢から聞かされた上海行の話は要領は次の通りであります。





















IMG_2676





六、右の上海行の話を金から聞いたのは六月十三日以前であることは間違いありませぬ。

七、上海行の話は金重漢以外の人からは聞きませぬ。

八、以上述べた通りの次第で、朴烈から聞いた今秋が革命の好機だと云ふことを

九、原文抜けているミスなのか?

一〇、六月初頃金重漢が、誰れか真面目に直接行動を遣るものは無いかと云ふことを熱心に話して居た時がありました。

一一、六月十五日頃金重漢は人の心には失望した、恋に死に度いと云ふことを私に語つたことがあります。又一六日頃、私と一緒に来年になったら満州に放浪生活に出かけようと話し合った事もありました」「金が、主義運動に進もうか、私に対する恋に進もうか迷って居るということを申したこともありました」その後六月頃バガボンドが一番好きだと金は私に語りました。

然るに八月二〇日根津権現の茶屋で無政府主義者の会合の帰りに金は自分の気分が変わったことを述べて、以前は生を否定して居たが、現在では肯定していつ迄も生きて行きたいという気分だ、理想村でも建てて住むのが一番好いと考えて居ると云うことを語りました。

一二、金重漢は六月二十二日頃私に

一三、八月十一日不逞社に於て金重漢と朴烈とは口論をした際の事は警視庁の取調の際申上げた通りで、上海行の事に関して

一四、朴烈は最初の内は金重漢を好い人だと

一五、不逞社の会員に私は五月二十七日の例会に出て以来入会したことになりました。


IMG_2678


於市谷刑務所

         東京地方裁判所検事局

                裁判所書記 三好文三

                検事 黒川 渉